これは何の熱? 乳幼児に多い突然の高熱対処法!

子どもって、ホントに何の前触れもなく高熱を出しますよね。朝まではけろっとしていたのに、昼過ぎにぐったりしているとか。何か少し体が熱いな・・・と思って熱を計ったら軽く39度を超えていたとか。

新米ママはほんとうに初めてのことづくしで、とりあえず病院!!と思うでしょう。そんな新米ママさんにアドバイスを♪

病院に行く前に。症状をしっかり観察してみましょう。

私は、病院嫌いです。病院に行くと反対に病気になった気がするからです。

ですので、子どもたちもあまり病院に連れて行きません。子どもが高熱が出ている時も、「水分を取って、寝て、汗をかけば治る」と言うのが私の持論で・・・昔の人と言われそうですけれど(笑) パパやおばあちゃんは心配して、病院に連れて言ったら?とは言ってくれますが、私の独断で行きません。

単純にそう判断しているわけではありませんよ。子どもの様子、症状、経過をきちんと把握することはとても大事です。熱があっても、何とか食べることができる、水分がとれる、おしっこがちゃんとでる、これができていればあまり心配しません。

高熱の味方!座薬。できれば使わないで!!

乳幼児の病院などの処方箋は座薬と決まっています。基本は38.5度以上の熱の時。座薬の使い方として勘違いしないでほしいのは、病気を治すわけではないということ。座薬は、一時的に熱を下げて熱で疲れている体を休憩させるためのもの。

そして、覚えていてほしいことが、急に体温を下げるので、体にも負担がかかるということ。薬の効果が切れたらまた熱が上がることも大いにあり得るのです。小児科での高熱とは「39度以上の熱」を指します。

ではいつ使うのが良いのでしょう?

私は、昨日も熱でぐずって、今日も一日中ぐずって、夜もまだ38度台後半の熱が続きそうだな~って時に「ぐっすり寝てもらうために」使います♪

はい、滅多にありません。ただ、38.5度くらいの熱が2日長引いたら、子どもがきつそうなので、その時は座薬を入れてあげます。

注意するべき高熱もあるので気をつけて!

上にも書きましたが、水分がとれるのであればひとまず安心です。

ただ、ぐったりしていたり、呼吸数が異様にはやかったり、呼吸がヒューヒューいう場合は、すぐに病院に連れて行きましょう。また、保育園でインフルエンザなどの感染症が流行っている場合も、時間を見て、検査に連れて行くことをお勧めします。

カテゴリー: 子どもの病気と病院 | 投稿日: | 投稿者:

shimaさん

正社員としてお仕事をしながら、9歳、5歳、1歳のお子さんの子育てをされているママさんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。