子どもと一緒にスーパーでお買い物~気をつけたいNG行動

普段はネットスーパーや食材宅配を利用していても、子連れでスーパーに行かなければならない機会が必ず出てきます。そのような時に、親はどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

頭では分かっているつもりでも、子ども自身が起こしてしまう意外なトラブルもあります。買い物時の注意ポイントを改めて知っておきましょう。

スーパーでよくある困った行動はコレ!

多くの人が経験したことのある「よその子の困った行動」、自分は無縁だと思っていても子どもが買ってに行動してしまうこともあります。改めて、どのような行動がまわりに迷惑をかけることになるのか、考えておきましょう。

ショッピングカートを操縦する

スーパーに設置してあるショッピングカートは、本来買い物中に重くなってくるカゴを運びやすくするものです。お子さんが「お手伝い」という名目で手にして、自由にスーパー内をウロウロするのはマナー違反です。

他の人にぶつかってしまう危険性もありますから、扱い方には気をつける必要があります。

飲食をしない

未清算の品物はもちろんですが、「家から持ってきたから」といってスーパー内でお菓子やジュースを飲むのはやめましょう。お店の方との余計なトラブルを防ぐことにもつながります。

子どもから目を離さない

「そんなの当たり前」と思いがちですが、大人にとって「ほんの一瞬」で子どもが見えなくなってしまう場合が多々あります。すぐに離れてしまうお子さんは、専用のカートに乗せたり必ず手を繋いだりして手元から離れないように気をつけましょう。

万が一、スーパー内でお子さんを見失ったらカゴをレジの方に預けるなどして、すぐに子どもを探すのが最優先です。もし店外に出て事故に遭ってしまうことがあっても、誰も責任は取れません。

また、好奇心からお肉やお魚の入ったパックに指を突っ込んでしまったり鮮魚を手で触ったり、というトラブルを防ぐことにもつながります。

買い物時のトラブルを避けるためには?

お子さんと買い物に出かける前には、親子で約束をするようにしましょう。お子さんがきちんと約束を守れたら、しっかりと褒めてあげることが大切です。また時々はご褒美として何か買ってあげるのもいいでしょう。

お子さんがきちんと約束を守れるようになるためには、大人も普段から子どもとの約束を守るようにする必要があります。なかなか難しいことに思えるかもしれませんが、日々の積み重ねが大切です。

時にはお手伝いもお願いする

買い物も何度か一緒に行くようになると、子どもにとってはスーパーも慣れた場所になります。そうなったら、時々は「ピーマンとってきて」や「じゃがいもってどこにあったっけ?」など、お子さんに「買い物に参加している」という気分を味わわせてあげましょう。

少しずつ、頼れる助手になってくれること間違いありません。

カテゴリー: 子どものしつけ | 投稿日: | 投稿者:

micheさん

6歳の双子をお持ちのママさんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。