春生まれ赤ちゃんの服装選び《体験談》

3月末〜5月中旬に出産したママ達の、赤ちゃんの服装に関する体験談です!

組み合わせなどのコツを参考にしてみて下さい。

生後すぐ〜夏前まで

a. あって良かったもの、あった方が良かったもの、用途など

  • 長短下着セットよりコンビ肌着の方がお腹が出なくて使いやすかった。
  • 4月生まれでは、長袖肌着は暑いので必要なかった。肌寒い日は短肌着+コンビ肌着で過ごした。
  • お出かけは、肌寒い日なら短肌着+コンビ肌着+2WAYオール、暖かい日は短肌着orコンビ肌着+2WAYオール。
  • 日によっては、吐いたり、オムツ替えに失敗したり漏らしたり、大泣きして汗をかいたり、など、1日に何回も着替える事があり、特に梅雨に入ると洗濯物が乾かないので、肌着はたくさん必要だった。
  • 短肌着とコンビ肌着を各7枚用意し、毎日洗濯したが足りなくなる日もあり、お下がりの肌着も使っていた。
  • ほとんど短肌着+ベビー服で過ごし、長肌着ははだけるのでほとんど使わなかった。
  • ベビー服はロンパースがおすすめ。
  • 生後すぐは50サイズでも大きいと感じたが、すぐ大きくなってしまい、買いに行く暇がなく焦った。60〜70サイズ、80サイズも数枚買っておけば良かった。
  • 肌着の素材は綿、生地はフライスがおすすめ。肌寒い日にタオル地、暑くなった時の為にガーゼ生地のものも用意しておくと良い。
  • カーディガンやベストが一枚でもあるととても便利。
  • おくるみは肌寒い時にかけたり、布団代わりにもなるので便利。ガーゼ素材のものがあると夏でも使える。
  • オーバーオールなど裾が折れる服は、大きめサイズでも早いうちから結構長く着せられた。
  • 体格にはかなり個人差があるので、大きめの服があった方が良い。
  • フード付きバスタオルは長期にわたり大活躍だった。

b. 必要なかったな、と思ったもの

  • 足まですっぽり覆う形のものは、冬になると大活躍だったが、新生児はまだ足が伸びないので着せづらくイマイチ。足は出しておいて靴下で調整する方が良い。ただし、赤ちゃんは暑がりだしすぐに夏になるので、新生児用の小さい靴下は買いすぎない方が良い。
  • 襟付きの服は赤ちゃんが嫌そうで、汚したときも拭きにくく乾きにくい。デザインよりも肌触りが良い物がおすすめ。
  • 可愛さにひかれてドレスやワンピースを買ったが、伸縮性も無く背中ファスナーだったのでとても着せづらく、結局一度も着せなかった。
  • スリーパーはあまり使わなかった。

夏のあいだの服装

  • 5月中旬〜9月は半袖肌着+ベビー服(真夏はベビー服のみ)。
  • コンビ肌着一枚で過ごしていた
  • 短肌着+甚平で過ごした。
  • お出かけには、肌着にも使えるタイプの、綿やガーゼ素材の半袖ロンパースを一枚だけで着せていた。
  • 背中にぐっしょりあせをかくので、背中と肌着の間にガーゼをはさんでいた。ガーゼは20枚くらい必要だった。
  • まだお座りが出来ないので、かぶりものはとても着せづらく、一度も着せなかった。

秋〜冬の様子

  • ベビーカーや抱っこ紐でよくお出かけできるようになり、可愛いベビー服を使える機会が増えた。
  • 80サイズのフリースのロンパースをヘビロテしていた。足付きは靴下の必要がないので大活躍だった。
  • レギーがとても便利だった。

出産祝いの体験談

  • お祝い着をいただく場合は、いつぐらいに着せたいかを考えておいてサイズを指定しておくと良い。
  • お祝いにいただいた高級ブランドの新生児用(50〜70サイズ)ベビー服を「お出かけ用」にとっておいたらあっという間に着れなくなってしまった。真夏が終わって涼しくなるまではあまり外出する機会がなく、その時はすでに80サイズ。普段着に着ておけば良かったと後悔。
  • カバーオールよりも、上下別の洋服の方が長く着られて嬉しかった。
カテゴリー: 子どもの服装 | 投稿日: | 投稿者:

kmtさん

保育士の資格をお持ちの、2人の子どもを持つママさんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。