おたふく風邪とは?

おたふく風邪は、ムンプスとよばれるウイルス感染によって引きおこされます。

おもな症状としては、発熱とほほの腫れ・痛みがあげられます。

熱は38度くらいで約3日間つづき、ほほの腫れは1週間ほどでひいていきます。

だ液がでる部分が腫れるため、食べたり飲んだりすると痛みがでます。

高熱とがまんできない痛み

うちの子の話です。

朝起きてすぐに耳の下あたりを痛がりました。

このときはまだ平熱で、耳がときどき痛む以外はふつうに生活ができました。

やがて「耳が痛い」と言うことが多くなり、夜には耳の下あたりがすこしふくらんでいました。

翌朝には、だれでもおたふくだとわかるほど、ほほがパンパンです。

小児科を受診し、解熱剤と痛みをおさえる薬を処方されました。

熱は39度4分まで上がり、丸2日かかって下がりました。

食べものをかむと痛みがおきて、まったく食べものを口にすることができず。

水分をとるときですら、痛みで泣き出すほど・・・。

痛みをおさえる薬を飲んでも、痛みが少し軽くなるぐらいでしたが、3日間でおさまりました。

ほほの腫れは右側だけでしたが、3日遅れて左側も腫れてしまい、また2日間は痛みに泣くことになってしまいました。

おもな症状は10日間でよくなりましたが、ときどき耳のあたりが痛いということが1か月続きました。

自覚症状のない感染

子どもの月齢が低いと母親から受けとった免疫で、感染しても症状が出ないことがあるようです。

また、かかってもごく軽くすんでしまうこともあり、微熱だけというケースがあります。

このため、知らずに感染を広めてしまう場合があります。

免疫検査で、感染していたことをはじめて知っておどろくようです。

子どもに寄り添ってあげましょう

痛みがある病気は子どもにとって、とてもつらいものです。

抱っこなどをして、子どもの気持ちに寄りそってあげてください。

カテゴリー: 子どもの病気と病院 | 投稿日: | 投稿者:

blueさん

子育て広場のボランティアもされている、小学1年生の女の子と小学6年生の男の子のママさんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。