負けず嫌いが問題に!

子どもが幼稚園、保育園に入るようになると、人間関係も広がります。

当然トラブルも発生します。

というわけで、そんなトラブルのお話をご紹介いたします。

幼稚園年長の時

息子が幼稚園年長の時のことです。

息子は、兄弟が多く一番下の子だったので、何かされるとやり返してしまうようなところがありました。

幼稚園では、年長になるとひらがななどの教科書のような物を一人ずつ頂き、勉強する授業のようなものがあります。

そんなひらがなのお勉強をしている時に、横の女の子とケンカになりました。

ケンカの原因

そのケンカがどうして始まったのかというと、女の子に手で教科書を隠されたので、同じように女の子の教科書を手で隠したようです。

そうしたら、手をパチンとたたかれて痛かったと。

そして、教科書を持ってぐっと力を入れたらびりっとなったようです。

上の方を3cmほど破いてしまいました・・・

先生から連絡が

その女の子は先生に「教科書が破れたので、テープを貼ってください。」と話し、その場はうちの子が破いた事を知らない状態でした。

女の子が家に帰ってから、うちの子に破られたことを話したようで、すぐ幼稚園のほうへ連絡を入れたようです。

次の日に幼稚園の先生からお話がありました。

「お子さんから一方的に破られたと保護者の方からご連絡がありました。」とお話が…

事情を確認せずに先生も保護者のいう事をうのみにしてお話されるので、うちが一方的に悪いという感じになってしまいました。

相手の保護者の方は「謝罪と教科書の弁償をしてくださいとお話されています。」と言われてしまいました。

お互い様だと思うのですが・・・

相手のお母さんにお話をしましたが「主人が怒り心頭で早く対処してください。」と言われすぐに弁償をして事なきを得ました。

が、当然あまり納得もできず。

最近の保護者の方は、お互い様という意識が低いのかな?

うちの子も兄弟に揉まれ、負けず嫌いな性格がきっかけとなりトラブルが起きてしまいましたが、もう少しおおらかな気持ちで子供達を見守れたら世の中ももっと住みやすくなるのになと思いました。

今となってはささいなケンカでしたが、小学校に入学してしまうともっと複雑なトラブルもあります。

なので、そんなこともあったなと笑って話しています。

でも、当時は旦那さんが怒っていると聞いただけで幼稚園の中で変なうわさでも流されたら困るなと不安もよぎるくらい怖い事でした。

皆さんいろいろな事を乗り越えて成長するのですから、保護者も子供と共に成長できるといいなと思っています。

カテゴリー: 子どもにまつわるトラブル | 投稿日: | 投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。