身体も心も成長したことに感動します

子どもの成長というとまずは身体が大きくなったことに目がいきます。

でも、もちろん心も成長していきます。

もしかしたら、心の成長の方がより感動するというママさんも多いかもしれませんね。

そんな先輩ママさんのご意見をご紹介します。

子どもの成長はとても早い!!

子供の成長はとても早いです。

特に幼少期の成長は、大人も驚かされることばかりです。

気づいたらはいはいをしだして、気づいたらつかまり立ちをしだす。

そうした成長は大人として、親としてとても驚かされますし、嬉しい限りです。

まだヨタヨタ歩きだった子供が少しずつ立派に歩き出し、次第に走ったり跳んだり、運動機能の変化も大きく変わってきます。

心の成長に感動

また、子供の大きな成長の一つが精神的な部分です。

小さい頃は、自分を見て欲しい、愛して欲しいという欲求から泣いたり、笑ったりします。

また、おもちゃを使うようになった際は自分が使いたいから、なかなか他の友達に貸してあげるという行為は上手くできません。

周りの大人が声をかけても「使ってるからダメ」「ヤダ」と言って貸すことは難しい場合があります。

小さい頃は、なかなか相手のことを考えることが難しいので、その子が使い終わって使わなくなった時にさり気なく他の子に貸すなどの対応が必要になります。

こういう時に児童館や公園に行ったときに他の子供とトラブルになります。

ほかの子供に貸してあげるように声をかけると泣いて嫌がります。

しかし、友達が待っていることや遊ぶときは順番があることを伝えると少しずつ相手の友達のことを考えられるようになっていきます。

今まではこちらが伝えていたのに、子どもは少しずつ成長し、気づいたら自分から「友達が待っているから貸してあげないといけないね」と言うようになってきます。

相手を思う言葉を自分の子供から聞くと驚きと同時に、我が子の成長に嬉しさを感じます。

友達のことを気にかけ、友達のことを思う気持ちが芽生え始めてきている姿は、いつも以上に頼もしく、大人っぽく見えてきます。

こうした成長は他の子供と関わることで養われていきます。

そして、兄弟がいるとこの成長も大きく変わってくるのかもしれません。

家族という最小の社会の中に親以外に「兄弟」という存在がいることで、相手のことを考える事の学習が行われるのだと思います。

カテゴリー: 子どもの成長に感動 | 投稿日: | 投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。